ビジネスは服装を決めるのが重要

できるビジネスパーソンの特徴にはいろいろあります。もちろん、その担当する仕事に関するスキルや知識がしっかり養われていることが重要であることは言うまでもありません。しかし、結構重要なことは見た目にあります。すなわち、男性であれば、ネクタイやスーツが似合うこと。女性であっても、パンツスーツ、タイトスカート、あるいはビジネスカジュアルにしても、やはり決まっていることが大切なのです。といっても、高級ブランドの服をパリッと着こなすという意味だけではありません。体に合って、しわなどがなく、折り目がきっちりしているだけでも全く印象は異なります。それが大きな仕事の成否を分けてしまうことだってあるのです。

仕事の場でのスーツとは

ビジネスの場での服装は職業にもよりますが、スーツがほぼすべての場面での服装です。そのときに大事なのは身だしなみです。例えば営業先で新しい人と出会ったときにスーツに汚れがついていたり、ネクタイが曲がっていたりしていた場合は第一印象が悪くなってしまい大事な取引を行う前に話が終了してしまう可能性が出てきます。ビジネスの場面ではそれだけ第一印象が大事な要素でありこれでその人の印象が決まってしまうので、見た目を気を付けていなければ自分に悪い印象がつけられ働きづらくなってしまいます。そのため大事な要素なのが服装です。

↑PAGE TOP